FC2ブログ

久々のクワネタ-見逃していた個体

2014.12.23 (Tue)
放置個体にエサやりのために、いくつかボトルを開けました、
その中で目に留まった個体が1頭。
SAGA47、オリジナルでありながら、昨年はSAGA48という怪物群にやや遅れをとった血統です。

IMG_0144.jpg
このように、顎を閉じている状態ですと、おとなしめで顎もあまり強調しませんが。。。

IMG_0141.jpg
威嚇姿勢をとると、非常に角張った顎が主張をします。

IMG_0149.jpg
サイズが控えめ(70mm前半)なので、強烈な迫力はありませんが、
一発目に見ると太い顎がかなりの主張です。
残念なことに頭部は及第の数値ではありませんが・・・・
顎の厚さなどもそれなりにあるので、十分なオーラです。
完品ですから、きれいです。この系統を1つお譲りしていますが、すごく喜んでいただいています。
ブリードを視野に入れていない方へのお譲りでした。

IMG_0147.jpg
今回は国産のご紹介ですが、このように立体感があり、かつ鋭さのある彫刻のような顎は、
ほかの昆虫では見られないクワガタの魅力と感じます。
顎がすごい昆虫は、カミキリムシや、ハンミョウ類など多数おりますが、
顎に奥ゆかさを感じられるのはdorcs hopei属ならではと感じます。
とりわけ、国産にはえもいえぬふくよかさがあり素敵な魅力と感じます。

我が家のホペイは良い意味で未だ沈黙を守っています。
来年の春ごろからは、羽化の心配で胃に穴が開きそうな毎日が続きそうです。

月末は、ヒメマイマイカブリから移行をして、
完全にホンマイマイカブリの位置にいる個体群の採集に行きます。
マイマイカブリは、県どころか、右岸左岸ですでに個性を異なるようにする魅力があります。
○○産は、○○までいかないと手にすることができない・・・・魅力的です。

ホペイ、オオクワは、購入はできますが・・・
うわっと思う個体は、作るしかないな、というところです。
ボランティアかお金稼ぎ的な販売の方は除き・・・・・
マイマイカブリ採集をしておもうことですが、やはり「良い」ものは市場に回りませんね。
我が家のたとえば・・・茨城県産のマイマイカブリですが、20頭ほど採集して「これは!」と思った個体が
4頭おりますが、これと同等の同産地のマイマイカブリを販売では見ません。
そういうものなんだなぁ、と思います。

以前、ブリード初めての方へオオクワ(SAGA系)をお譲りしたことがあります。
「オオクワって、金になるんですよね!」「いや、まぁ、もうあんまりですよ」
そんなやり取りをしましたが、やはり、その方も、自分で10頭ほど羽化させて・・・
「うーん、これはいくらって言われても渡したくないなあ」と翌年でした。
そういう個体に惹かれます、来年の夢にも、そういう個体がたくさんいます。
ああいうの、こういうの、いろいろ良い想像はしますが、
上手くいったときは、◎◎な想像を超えた自然の創造に直面します。
良い方に転ぶか、イマイチな方に転ぶかわかりませんが、楽しみがいっぱいです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://hopeif.blog.fc2.com/tb.php/75-5d559c16
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top