キタカブリを求めて

2015.12.14 (Mon)
マイマイカブリ最美麗種のキタカブリ、今年こそはと思っていましたが、
中々に多忙で行けず続きでした。
今日も疲労感が残り新幹線の中で嘔吐感と戦う2時間でしたが、
体を押して行ってきました。その甲斐はありました。

キタカブリを狙っていってる訳なので、
胸部頭部がピンク~赤が出るのは分かっています。
エリトラが緑のも出るでしょう。
移行帯ではないエリアですから、間違いもありません。
しかし・・・・・・
IMG_4483.jpg
良い環境です、地理的に凄く離れているので、地域の特色は違うのを感じます。
それは広い視点で見たときで、森を見ず木を見ればマイマイカブリが採れる河川敷の環境は似ています。
採れる場所とか、狙う場所は違ったりしますが・・・

そういう同じところから、違う個体が出るんです。
遠征をするということは、そういうことだと思います。
近場の川では暗い青~紫の、大きくて45mmくらいのものが採れます。
おなじような場所で・・・・

IMG_4482.jpg
これが・・・・!!ピンクの胸、緑の背中、知ってましたが、初めて知ったかのような驚き。
何年マイマイカブリを追ったでしょう、それでも、「こんなのがいるんだ!」という感動。
茨城に緑のマイマイを狙いに行って狙い通りに採れても、
予想を裏切られ期待に応えてもらった新鮮なよろこびがありました。
今日もそれでした。これがなくなったら終わりだな、と思います。
九州のマイマイがデカいのも知っていました。
しかし、福岡のTさんが採ってくれた60mmに迫り均整の取れた迫力個体を見たときは、
やっぱり「こんなのがいるんだ!?」という驚き。
樹液を吸いに夜出てきて、樹皮に首を突っ込むのも知っていました。
しかし、福岡のTさんがわざわざその機会を作ってくれて見せてもらった時の、
「こんな生態をしているのか!」というびっくり。こういうのが中毒性を持ってるんですね~。

採集としては渋く、6頭しか捕獲出来ませんでした。
ゾロゾロザラザラはなかったです。ボーズさえなければ、と思って行っても、
やっぱり高望みしてしまうのが採集の性ですね。
IMG_4490 (002)
お気に入り1番目、紫がかった個体、この金属光沢、カラスアゲハのような深みのあるグリーン・・・・・
ダークにして煌びやか。一番大きくて、太い。

お気に入り2番目、このぐらいグリーンじゃなきゃね。
IMG_4495.jpg

お気に入り3番目、赤いのが欲しかった!今回は赤いのが多くて嬉しい。
IMG_4506.jpg

お気に入りラスト、銅?金色?
渋い、華やかさが無い訳ではなく、派手でしかし燻しのギャップがたまりません。
IMG_4509.jpg

集団越冬にこそ当たらなかったものの、当たった個体は恵まれていたと感じます。
同じところからの採集個体でありながら、4/6が気に行ったのはついていると思います。

やっぱりマイマイ採集、いや、トレジャーハントは止められません。

スポンサーサイト
back-to-top