なんということでしょう×2

2015.07.30 (Thu)
今季超期待の北峰が2ラインおります。
・秘密のコラボライン
・GX+350新系統

共にGX系統をベースとしています。
GXはそろそろ血統と呼んでもいいかな、という感じで安定してきました。
さて、我が家のGXはとても良く生む系統です。
材のかじり始めも早ければ生む速度も早く、それゆえに4倍速でゼリーを消費
するので、かなり餌やりにはアンテナを高くしておかないと卵や幼虫が食されて
しまいます。

昨日GX純系の産卵セットを試しに割ってみました。
素晴らしい齧り加減で、爆散を予感させる状態でした。
ケースのマットも劣悪な状態にはなっておらず、
割れば食跡だらけ・・・これを確信させるものでした。
GXは空生みもしませんので、ワクワクしながら割ってみると、やはり良質な材。
サクサクと割れますが、スカスカな感じでもないしっとり質感でした。

しかし・・・・!!!
卵室に卵が無い・・・・・やや焦りを覚え、割っていくと・・・・・
なんと、見事にボーズ!!衝撃が走りました。
36度の猛暑の中、冷や汗をかきました。
ぶっちゃけ、こういう瞬間はTHE ENDを感じます。
そしてすぐさま思考は原因究明の方向に回ります。
GXが産まないことはまずありませんでした。
気難しいことも無いですし、お譲り先でもそういうことは滅多にありません。
爆散するとあんまり成果が出ないという経験が多いですが、
GXは沢山生んで成果も良いことが多いです。
ということはつまり・・・・昨日一つの仮説にたどり着きました。
「♂の種無し」の率が高い・・・・・・!!!

そのセットはやる気も元気も筋力も削いでくれたので、
バラバラにして放置。
上記のGXにも絶望感を覚えました。

そういえば、350という数字なんですが、
私は顎にはそこまで拘っていなかったので、
腹部や胸部や頭部、質感は100点、顎は90点、
360°から見て10°程度は贅沢を要求しないことにしよう、
そういうことで350、Kは北峰ブレンドなのでKとしていました。

GXにK+350の早期羽化をかけたものがGX+350、
頭か顎のどっちかには出ると思いますが、怪物を狙っています。
♂親は強烈なこの個体でした。
IMG_0552.jpg
この子はほんとに強烈なので激しく期待をしていたんですが、
これが種なしだとすると今季の北峰はかなり厳しい・・・・
そいうことで、掛けておいたSAGAを増やしてセットしました。

今日は割ってもいない、齧ってもいないようなGX+350のセットを暴き、
処分のために一応材を小さくしようと割ってみました。
真ん中で両断すると、え・・・・・?????
食跡が走っている!!!!!!!!!!!!!!!

材の両端に生んだため齧りが少なく見えたようです。
量は分かりませんが、確実に産んでいます、良かった!!!
空生みのなんということでしょうに続き、生んでいるGX+350になんということでしょう!!
このメスには、超良質材で第二ラウンドに入っていただきます。
いや~~~よかった、これで精鋭は何とか確保です。
スポンサーサイト

360°魅力的な個体

2015.07.25 (Sat)
我が家の宝物の一つ、今季送ってもらった個体。

北峰
IMG_3262.jpg
まるでノコギリクワガタのような体形、もちろん寸法はノコよりはるかに太いんですが・・・・。
胸部が絞られていて逆ハ形、それに負けずに小さい腹部が凄い。
この手のフォルムは我が家では絶対に出ないでしょうし、今後もGXやK+だけでは出せる気がしません。
頭部の寸法も相当ですが、胸部から急速に細まっていく体格ゆえに一層際立って見えます。

IMG_3251.jpg
頭をぐっと下げて胸部を持ち上げるような姿勢を取るので、手に取っても抜群に楽しい。
あんまり威嚇姿勢には拘ってないんですが、威嚇姿勢を取ると逆三角形というか、
工具っぷりが一段と強調される感じ。
シルエットや体格は大切ですが、手に取った時にどういう仕草をするか、
飼育ケースの中でどういう振る舞いをするかは個体の重要要素と感じます。
触角が割と敏感に動くので繊細な美しさも感じられます。

エッジが消失してしまっていますが、印象がぼやけず研ぎ澄まされた感じの内歯がたまりません。
IMG_3264.jpg
ものすごい棒状の顎、特に自然光の下で見ると顎の体積が際立って凄いのが分かります。

IMG_3311.jpg
IMG_3262.jpg

上GX48-A、下頂いた北峰、このコラボをやりたい。
どっちが出ても嬉しい個体になりそう。
上の個体に、下の個体の内歯と腹部を付けたい・・・・!
まぁ、そんな足して割るみたいな公式は当てはまらないんですが、
この2個体は方向性がそっくりなので結構相性もいいかなぁ、とワクワクしています。
今年は色々やってますが、この流れだと来年は北峰ONLYになりそうです。

顎の太い個体

2015.07.23 (Thu)
悪夢の10連勤が終わりました。
今日はぶっ倒れていました。産卵材とか届きましたが。
段ボールを開ける余力すら残っていない感じでした。

寝まくって回復したので撮影をしてみました。
手元に残した個体達として載せるつもりが忘れてしまっていました。

K+350、74.5mm、頭28.05mm、顎6.8mm、厚4.9mm
IMG_3280.jpg
来年の主力になる予定の♂親です。
この水準ながら軽々と羽化してしまった個体です、羽化時間も短かったです。

前方にぶっ飛んだ内歯と、重たそうなその形状が迫力です。
この個体はこれでも良く顎が角張った方だと感じます。
これ以上太いのが出てくると、もう湾曲は難しいんじゃないかと思っています。

IMG_3306.jpg
顎面積も一定以上になるとつまんでみたくなる形状になってきますね。
顎面積を指でつまんでも感じられる形状です。

手元に残した個体達-最後を飾るのは・・・

2015.07.20 (Mon)
来期の種用ストックとして残した個体達の最後の1頭(頭30mmを除く)
の撮影をしました。今日は程よく曇っていたので撮りやすかったです。

GX50、71.5mm、頭28.0mm、顎6.1mm
IMG_3224.jpg
驚異のデカ頭と小尻です。

IMG_3236.jpg
最初羽化した時から妙な錯覚を感じさせてくれる個体で、顎が細いと思いましたがそうでもないです。
手に取った重さも74mmの個体位あるので、小さいのに小さく感じません。

IMG_3234.jpg
胸部の隆起とかも好きな形です。

IMG_3241.jpg
やっぱりディンプルなしはいいな、と思います。

IMG_3247.jpg
光を強くして撮ってみました。
水かきが発達したごつごつした顎形状が分かりやすい感じです。

SAGA血統と、手元に残したGX48-A

2015.07.17 (Fri)
SAGA血統はこれまでブリードした国産の中で一番の血統です。
いつもは系統と呼んでいますが、SAGAに関しては血統と呼んでも良いように感じます。
やはり国産であっても頭幅は譲れないところです。
そういう頑固なことをしていて頭28mm超えが北峰並みに出るようになりました。

IMG_3175 (1)
特に去年こだわったのは顎厚でした。
ぱんっぱんの棒状態の顎を作りたかった、それが上手くいきました。
元々の厚みが出る系統よりも、もともとの幅広系統よりも厚く幅が広くなりました。
今年の北峰でも同じ現象が起きました。ある種親選別方法を行っています。
それはもう少し確固とした結果が出てから紹介しますが・・・・。
あ、ちなみに上の個体は完品です、これから全体像を写していきます。

IMG_3166.jpg
こういう顎は、触って楽しめます。

IMG_3171.jpg
今年の親になっています、凄い寸法で、GX50並です。

しかし、こういう国産を以降作れる気がしません。
このSAGA系に関しては、運が良かったところも多々あります。
素晴らしい怪物個体に恵まれたんで・・・・。

とはいえ、我が家にはまだ他に2頭の28mm超えがいます。
これらの子を残さないままにするのももったいないし、
そのまま棚にしまっておくのもなんだか寂しいなぁ、ということで2人の方に声をかけてみました。
幸い興味を持っていただけたので、めでたく我が家から飛び立ちます。

IMG_3184.jpg
飛んでいく一弾はこの子です。
光沢が上の個体よりも強く、顎も厚く見えます。

IMG_3183.jpg
超マッスル顎です。ディンプルは許せない主義でしたが、
こういう次元になってくると逆に横から見て立体感が際立つので楽しめます。
しかし、完品には絶対にこだわります。
B品や羽パカは絶対に飛ばしません。

IMG_3185.jpg
まさしく怪獣、スマトラヒラタ見たいな雰囲気を持った個体です。
IMG_3180.jpg
IMG_3178.jpg
顎形状も中々カッコいい個体です。


もう一発はこちら、76mm程度、頭28.7mm程。
究極の幅個体です。
IMG_3189.jpg
しぶーい体色の個体です。

IMG_3191.jpg
厚みもあり、亀を飼っている感覚です。
この2個体は血統のブースターになりそうです。







GX48-A、74mm、頭27.8mm、顎6.3mm 
IMG_3140.jpg
寸法においては他のストック個体に遅れを取ってる控えめなものなんですが・・・・
何故か絶対に手元に残すと決めていた個体です。
よーく見ると、初代TP:E(X)の面影が強い。
最初に惚れ込んだ得も云えぬ渋さというか、オーラが強く発現しています。

IMG_3144.jpg
凄いオーラのTP:Eを手に取りながら、幾度顎が太ければと思ったことか分かりません。
この個体はそういう願望の結晶のように感じられます。

IMG_3150.jpg
TP:Eは薄い印象がありました。幅広なんだけど、平べったい。
こいつはTP:Eながらの逆ハ幅広胸部で、しかも体が分厚い。

IMG_3152.jpg
ヤバい厳つさです。

IMG_3160.jpg
岩から切り出してきたようなザックリした顎は、国産には無い奥ゆかしさを
感じさせてくれます。

IMG_3159.jpg
威嚇姿勢は鬼のようです。
よくここまでTP:Eの血が残ってくれました。

産卵本格始動!

2015.07.15 (Wed)
今季の産卵セットリストです。

・建甌GW改-G1A・・・建甌のリベンジ1弾
・建甌GW改-G1B・・・建甌のリベンジ2弾

・北峰GX+350・・・K+350の早期羽化逆三角形♀と、GXのクロス、超期待。
・FY-GX・・・・・・・・北峰オリジナルライン戻し、初代とはかけ離れたフォルムになってきていますので、
           ヤバい頭幅を狙います。
・TFY-GY・・・・・・・詳細秘密のコラボライン、岩石みたいなやつを狙ったライン。

・順昌ULSP-A・・・工具個体量産型76U-Limitedインライン
・順昌ULSP-B・・・工具個体量産型76U-Limitedインライン
・順昌ULSP-U2・・顎先の入る張り出し顎順昌

・SAGA48-A・・・・体長75mm、頭幅28.7mm、佐賀神崎の最高傑作のインライン。
・SAGA48-B・・・・上記同様、2ライン目。
・SAGA498・・・・・・SAGA49栓抜き顎個体×SAGA48モンスター♀

建甌は遊び程度にやります(とか言ってどうなるか分からない(笑)
順昌はマジで力入れます、このラインは気合を入れないとデカくならないので。。
デカくなりさえすれば遺伝率抜群なので凄いのがそれなりに出てくるでしょう。
U2だけクロスラインなので分かりませんが、76Uを3回系統に重ねてあるので大丈夫かと。
北峰は去年と同様雲をつかむような気持ちです。
爆発すれば今季を超える個体が・・・出るかも・・・・しれない・・・・期待しないでください。
SAGAは・・・不全が恐ろしすぎる。頭28.8mmという化け物国産が出ています。
その化け物国産よりも一回り細い28.5mm位の顎厚5mm超えがいます。
で、その2頭よりも縦横比率がヤバい完品極太♂を使っています。

本音を言うと、SAGAと順昌に絞りたい。
しかし・・・・しかし北峰が魅力的すぎる・・・・!!
頭30mm・・・とか考えると北峰は絶対にはずせなくなってしまいます。
いや、それでもハッとするような美しさと繊細さを秘めた建甌を・・・・・・
とか優柔不断になってこんなことになりました。

発送予定の入魂個体-K+350

2015.07.14 (Tue)
近日に発送予定の北峰、K+350です。
初代GXの面影を強く残す個体ですが、スペックは初代とは別格です。
今回羽化の個体群の中でも「異端」な個体です。
今日は天気も良く、自然光が強い中で手に取ると、爆発的な頭部と、
やたら小さい腹部が印象的な個体です。

K+350、74.5mm、頭28.7mm、顎6.3mm
IMG_3122 (00000002)



エッジがほとんどありませんが、盛り上がった体積のある内歯なので華奢でも
間延びした感じでもないです。

IMG_3138.jpg
厚みがあり、キレイな仕上がりです。

IMG_3136.jpg
かまぼこみたいな個体です。

IMG_3135.jpg
顎先が入っていながら、前方に飛ぶ内歯が現れた貴重なタイプです。
初期GXの内歯が寝てしまう点は改善されました。
顎の薄さも改善されており、腹部の仕上がりも良好です。

IMG_3132.jpg
完全真上アングル。

IMG_3127.jpg
GXに引けを取らない肥大頭部です。

深山鍬形玉砕採集記-口直しにK+350ストック個体とCULSP

2015.07.13 (Mon)
ミヤマクワガタが欲しくて採集に行ってきました。
ド派手に玉砕、手ごたえすらない空振りでした。
IMG_3095.jpg
日没頃から東京都山梨の境目まで、日没から街灯回りを行いました。
恐るべき虫の気配の無さ、むしろお化け的なものの気配のほうが強いねっとりとした夜でした。
しかし、こういう自然のどうしようもないところまで行くと心が洗われます。
虫が採れる云々よりも、心身の洗濯が出来たと思います。
昨日までの妙にくすぶっていた感じもなくなり、実にすっきりしています。

実に20km以上を徒歩で移動しました。
日がとっぷりと暮れるのを感じて、そのままひたすら水銀灯の下を巡りまくりました。
最大の失敗は日本酒の用意がなかったことで、いつもは瓶を片手にぐびぐびやりながら
採集をする危ない人(笑)に夏はなるんですが、今日はそこを失念。
仕方なく自販機のジュースとかいうもので何とかしましたが、実際何ともなりませんでした。
標高が高いところでアルコール摂取は危険のようですが、
あの酩酊感・・・が唯一の心残りです。
ミヤマが採れなかったのは日によるものと感じていますので、仕方なかったと思います。
良い空気を吸いながら悪しきニコチンを大量摂取したので良好な森林浴ができたと思っています。

さて、それでもあの頭冠を拝みたかった気持ちはぬぐえません。
そういえば、今日は素晴らしいホペイを頂いちゃいました。
360°存在感をフリークとしては狙いたいところですが、
球の領域で見ても素敵な個体であり、かつ血統としても作りこまれた深さを感じました。
個体を見て、数値的なものや、フォルム、数値の関連性からのバランス・・・
そういうものはもちろん考えますが、その血統が歩んできた系統背景の深さが
感じられ、奥ゆかしい気持ちになりました。
こんな風に磨き上げられてきた、そういうのを推測するのは形状に拘れる種の
趣と感じます。極太スマトラのぴかぴかに仕上がったエリトラや、
強烈アンテの引き延ばされたような頭部、ヘラクレスの極太マジックペン見たいな胸角、
そういうのに感じてしまう、「こんな風に種を磨いた人がいるんだな」なんて言うのを
少し垣間見たような気がします。今季はGXとK+という北峰が隆盛を誇りましたが、
その裏にはブリーダーとして感じる不安もあったことは事実です。
それが何とかなりそうだな、という希望も含めて送っていただけたと感謝しております。

厚み・・・やはり大切だと感じました。非常に難しいところだと思います。
厚みが有り、しかし腹部が締まっている・・・この矛盾は実在しますが難しい。







ストック個体をボチボチ改めて写真を撮りなおして載せていきます。


K+350、74mm、顎6.6mm、頭28.3mm、厚5.1mm
IMG_3018.jpg
頭長がやや不足しているようにも感じますが、妙に短い腹部とかと相まって、
圧縮タイプとして魅力的な個体です。顎が太い。

IMG_3019.jpg
内歯の体積も珍しくしっかりしています。また、K+としては安定した形をしています。

IMG_2996.jpg上見はややおとなしめですが、横見に厚さがあり、良い。
むきむきの内歯の個体です。

IMG_3021.jpg
おとなしい個体ですが、顎の形状上威嚇姿勢がかなりの厳つさです。





あんまりちゃんと撮影してなかったような気がする順昌。
頭28.8mmはギリギリ、実際は28.7○とかじゃないかと思います。

順昌、CULSP、77mm、頭28.7mm、顎6.2mm
IMG_3040.jpg
実はこういうヒョウタン型が結構好きなんです。

IMG_3045.jpg
順昌のきめ細かさは、やはりキレイだと思います。
IMG_3047.jpg
全体的にのっぺり幅広。頭部形状で少し損があるかもしれません。
複眼の方に掛けて高低差があるからかと考えています。

IMG_3080.jpg
べったりしています、73Cの個性です、あんまりこういうタイプは73-Cでは出ませんでしたが・・・。


IMG_3083.jpg
胸部に分厚さがあるので、結構な巨大感を覚えます。

IMG_3092.jpg
かつてケース越しに見て冴えると思った73Cの面影を、この角度からだと特に感じます。

IMG_3091 (00000002)
キレイな丸顎に仕上がって良かったです。


GX50の傑作②

2015.07.08 (Wed)
GX50、75mm(羽先まで)、76mm(尻先まで)、顎6.1mm、頭29.4mm
IMG_2919.jpg
超絶に飛び出していたお尻ですが、日に日に縮まっていき、実は現在も縮まっているんですが、
種として、年を越すにあたって、心配ないレベルまで収まってしまいました。
最終的には0.5mm~1mm尻先が出た個体になると思いますが、思っていたよりも真っ当に
なってきています。相変わらずの巨頭で、思いっきり内側を向いた顎先です。

IMG_2929.jpg
ケツが細くて小さいので、フォルム的には限界なんだと思います。
この個体はツヤがありますが、頭部の形そのものは頭30mm超え個体と酷似しています。

IMG_2926.jpg
威嚇姿勢も派手、顎の数値が6.1mmと思えない。

IMG_2930.jpg
ケース越しにも楽しめる個体だと思います。

狂乱の採集記

2015.07.08 (Wed)
夜中の二時半までホペイフリーク的談話で盛り上がっていて、
こりゃもうカブト採集に行くしかないな、って思いました(なんで!?)
で、思い立ったらすぐ行動、ってわけで、自転車をこぎまくって森まで。
この時点で相当消耗しました。
しかし採集はここから、デカいカブトが欲しい!

IMG_2842.jpg
うん、カブトがいた。しかし、探しているのはこんな普通レベルじゃない。
今日写真で見た○○カブトみたいなのが欲しいんだよね。
ということでスルー。

IMG_2872.jpg
これは家に帰ってからの写真ですが、ノコギリ中型がいたので一応採集。
やっぱクワガタはいいよね、顎とか、こいつは頭幅小さいけど。
と、若干クワガタに浮気をしそうになりました。

が、今日の本命はカブト!
デカいカブトが欲しい、こうなったら病気も末期です。

IMG_2846.jpg
赤いのとかいたけど、そういうのじゃないんだよなぁ。。

IMG_2849.jpg
美しい大型のナナフシとかいて、採集記っぷり満々だけど、
カブトが・・・カブトが欲しい。

IMG_2868.jpg
で、捕まえました。大型のノコギリ。
はっきり言って超カッコいい!ワイルドっぷりが半端ない。
フォルム云々よりも、採集した、っていうのがいいですね。
これは60mm超え、近隣では中々取れないレベル、テンション最高潮。







樹液の出ている木にはカブトがたかっていました。
今日は虫が集まる日見たいです。
その木の根元に、ひときわ大きなケツが!!
IMG_2891.jpg
ででーん!

IMG_2910.jpg
でかい!しかも頭角が妙に長い。色合いとかは普通なんですが、
かなりの迫力個体をGET!家に帰ったらそうでもなかったとかありがちですが、
こいつは中々に立派。やっぱ昆虫の王様はカブトムシだよね!

IMG_2904.jpg
このヘルメットみたいな胸に、つぶらな瞳がかわいすぎる。。

IMG_289222.jpg
かっこいい・・・大満足です。
この調子で極太カブトを狙います!

IMG_289222.jpg

back-to-top