FC2ブログ

☆★☆プレ企画④ 当選者発表!!☆★☆

2019.07.21 (Sun)
2019年度プレ企画第4弾!

今年もプレ企画ができてよかったです。まだプレで出せる虫は残っているんですが、体力が残っておりませんので、一度打ち止めです。そろそろ・・・自分のことをやらないとまずそうです。菌糸瓶の発注もしてないし、菌糸瓶のメーカー、変えようと思っているし。。

まず、割り出しの時期が近づいてきました。ガッツリ採れているといいのですが・・・また、おざなりになっているテイオウカブリモドキの繁殖に、そろそろ着手しようと思います。極彩色のグロテスクで美しい虫の新成虫を拝みたいものです。そして、福江マイマイカブリのサイクルも、そろそろ次のステージに入りたいところです。特に、次のサイクルからはCラインに力を入れるのと、大型の雄の新成虫を追い掛けしたA×Bラインを、採卵して、70の可能性を上げていきたいです。

まあ、それでも私はホペイフリークです。
2019年採卵におけるホペイ育成のテーマは、
モンスターを出すこと・・・・・!
・・・・・・でした。

が、今年はこの10年で最も迷いが多い年になりました。結果、2018年段階で計画していた交配と、相当異なる組み合わせを行っています。また、組み合わせが計画的<直観的なものになったので、色々訳分からなくなっている・・・それが今年です。2019年のブリードのテーマは、迷走なのかもしれません。

【現在、こんな組み合わせから採卵をしています】
①激太顎の因子を強化するライン⇒太く発現するかは気にしないライン
※インラインF2

②マックス数値を追求するライン⇒形状や各部の体長に対する比率は気にしない
※インラインF2

③何が起こるか分からないライン⇒太いのか美形なのか薄いのか厚いのかも予想が出来ない
※アウトライン

④鉄板①⇒これは成功するでしょ
※アウトライン

⑤F4⇒逆台形で、胸部が締まったカッコいい形状を狙うライン
※インライン

⑥K+350改⇒これが一番ヤバそう
※アウトライン

⑦鉄板②⇒実績が出た組み合わせをもう一度
※アウトライン

⑧コテコテホペイ→そもそも採れるか分からん
 ホぺコン全盛期の頃に流行った形を狙っていますが・・・・
※アウトライン

⑨巨頭爆顎期待ライン①⇒本命
※アウトライン

⑩巨頭爆顎期待ライン②⇒本命
※アウトライン

⑪顎先が入ることだけを考えたライン⇒どうなるやら
※アウトライン

⑫順昌NL系⇒採れれば行けるでしょ
※アウトライン

⑬順昌NL系⇒危なっかしいけどおもしろそう
※アウトライン


今年は、我が家のメスでないメスもそこそこ使っています。齧りが甘いものもいます。採れ具合によっても、結果は左右されるかと思います。何より、アウトが多く、本命も方向性がバラバラです。来年は、この人●●なホペイを育てているよね、ということが言えない人になるかもしれません。今年は、GXが混ざらない血も少しあります。GXの個性を含め・・・・という虫では無く、我が家の虫では無い虫が出てくるラインもあります。それはそれで、とても楽しみです。

2018年にスーパー太い物を多数出しましたが、なんか、2回そういうのが欲しいとは思いませんでした。また、インラインのF3以降の重要性・威力も学びました。頭部優りである形状と、各部の造り・内歯の造形には引き続き絶対の拘りを持って創りこんでいきますが、のみならず、腹部の美しい個体をものすごく・・・・目指したくなってしまいました。

逆台形の顎を原則、狙ってきましたが、太いのに品がある湾曲顎が欲しくなったり、丸顎でも角顎でもない湾曲を作りたくなったりしています。そういうことを、やっぱり、こっちでいってみよう!なんて組んだ結果、上記のようになっています。

もう少し、ラインを増やすんですが、次に追加されるのは、
・究極の美形を狙ったライン
 ※アウトライン


もはや自分でも何をしたいのかよく分かりません。
ただ、各ラインきちんと数を確保することができれば、
ホペイではこんな種類の発現がある、
というのを複数方面で紹介できるので、
ブログをホペイ図鑑的にできるかもしれません。

成功の定義は、
「F2に行きたいラインが2つ出る(順昌・北峰)」
で行きたいと思います。

2018年、GX50-XやVが羽化した時は、
よーーーし!すっげー顎が出たぜ!厳つい!
これをスペックアップしよう!!
とそこからインラインを進めていく確信を持ちました。

が、その後成虫を手に取りながら、
なんっか違うんだよなぁ。。

その前の、GX50-Gや、NLについては、
コレコレ、これだよ!と、
虫を夜中手に取りながらほのぼのできたんですが。。。
そういうことを、来年出来れば勝ちですね。

また、7mmという目標を立て、1年で達成し、これは楽しかったのですが・・・そこから先に行く意味が分からなくなってきています。
テンションが上がっていた時は、よっしゃ、次は7.5mmを狙うぜ!!と思っていたんですが、・・・・・なぜ7.5mm?そもそも俺は数値が欲しいのか?仮に7.5mmを凄いとするなら、それは他の人がその数値を出していないからなんだろうけど、だとすると、自分は「凄い虫」じゃなくて、「凄い数字」を生み出そうとしているのかな?それは、今までホペイを楽しんできた理由と、違う・・・・。

マイマイカブリ飼育は数字を狙っています。
70という数字が欲しい。
もちろん、68mmや69mmは凄い迫力だし、満足感もとてつもない。
でも、マイマイカブリは70mmを狙っているので、
70mmに行かなかったらガッカリします。
こういう、競技的ブリードは本当に楽しいです。

でも、ホペイはそもそも数字を狙っていないところからスタートしていて、
狙っているのは所有感、個性、オーラのある個体。
だから、74mmを羽化させて、75mm無いからがっかりすることは無いし、
6mm後半でも7mmジャスト物より顎が太く見えるものは普通にいたりして、
どっちが欲しいですかと問われたら絶対後者なんだから、
やっぱり、狙っているのは数字ではない。

で、その形は、こういうのが好き!っていうのは言えますが、好きだったのではなく、好きになったというのが実際で、羽化してみて、そういう虫を見て、そういう形が好きになった、という過程を踏んでいますから、今自分が想像できない、まだ見たことが無くて気づいていないだけの、もっと自分好みで追求したいという形があるに違いないとも思うのです。

いずれにしても、GXという核を崩さずに、系統ではなく、血統化していくことがやりたいことで、そのための、自己採点100点のスタートラインに立つことが現在の目標です。この虫なら、何代やってもいいぜ!っていうスタートラインに。

という、私の脳内の色々は置いておいて、
プレ企画の発表に行きたいと思います。

こういうのは、
引き続き、完全に運任せの選定とさせていただきました。
今年は、
日ごろ全然お付き合いの無い方の当選が多いですね。
嬉しいやら、複雑やら。



!!さて!!
◇◆◇どうなるやら◇◆◇

































では!!

☆★☆当選者発表☆★☆です!!

今回ご当選されたのは・・・・・・・・・










































































.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚ぼんこさん!!.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚








.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚

おめでとうございます!
                 .☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚



こちらの記事のコメント欄に、
非公開コメントで、個人情報等をご記入ください。
宜しくお願い致します。




当選されなかった方、
申し訳ありません。
また、今年度も、ホペイフリークのプレ企画にご応募くださり、
ありがとうございました!!


来年は、
更に格上の個体をプレで出せるように頑張ります!!

スポンサーサイト

゚+.゚。 *。:ゲリラプレゼント企画第四弾゚+.゚。 *。:

2019.07.19 (Fri)
ようやく、少し太陽の光を見れる日々になってきました。
急に気温が上がったので、バイオリズムが崩れそうです。
相変わらず、イカレた生活をしているんですけれども。

期待を持てる生体しか出さないのが信条です。
とはいえ、プレ企画の生体はどうしても、
その個体そのものの迫力などは数段落ちてしまいます。

そろそろ、
パンチ力のある個体も出したい!



さて、プレ企画第四弾です。
前回に引き続き・・・・K2です!







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇2019年度プレ企画◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





今回のプレゼント内容は・・・・・・



















GX50-K2 アウトペア!!
今回はペアでいきます!!

・GX50-K2 オス 68mm
・GX50-LTD:A メス 38mm


小ぶりですが、太いのを出しそうな1頭です。

GX50-K2
1907192.jpg
これまでのプレ個体よりは各上です。
短歯です。


1907193.jpg
如何にもGXという禍々しさを発現し始めている個体で、ゴツイです。

1907191.jpg
きちんと短歯です。

1907194.jpg

33g→22gという涙のダイエットをしてくれました・・・・
その結果、超小ぶりな蛹に。
原因は、菌糸瓶2本目の長期放置による赤ダニの発生です。
その後、人工蛹室に移しながら管理して、
自力で完品羽化した個体です。

K2の異形レベルの個体と非常に近いシルエットをしており、
GXならではのサメ肌、各部が分厚く数値以上に大きく感じる形です。

K2には、少しだけ不安定なところもあります。
翅パカは1頭だけでしたが、
エリトラ先端がわずか~に閉じきらないということがあったりだとか。
なので、超安定化しているLTD-Aを付けます。
系統分離の健全化と数値アップの両立をはかれればと思います。


ちなみに当方は譲渡においてペアでは滅多に出さず、
1オス4メス単位とかでお譲りすることを心掛けているのですが、
今年度GX50-K2のオスには必ずGX50-LTDのメスを組み込んでいます。
我が家では、来年GX50-LTD×GX50-K2は、
メインラインの1つになる予定で、このサイクルでK2の弱点を改善し、
スペックアップと健全化を図ろうという魂胆です。

※メスのサイズ
割り出し後放置されたセットの底から冬に出てきた3齢を、
育てて羽化させたものですから極小です(笑)
きちんと育てたのにデカくならなかった個体ではありません。
カタチも、いいです。




【生体情報】
◆種類:ホペイ/ホーペ/ホーペイオオクワガタ
◆学名:Dorcus hopei hopei
◆産地:福建省北峰
◆累代:CB
◆系統名:GX50-K2
◆羽化時期:2019年6月頃
◆後食:未後食


【系統個性:2019年度実績】
◆湾曲率:約70%
◆短歯率:約70%
◆顎幅6mm超率:約77%
◆幼虫時平均体重:約32g
◆羽が閉じない個体の発現率10%
◆内歯が寝る個体の発現率:0%



【プレ企画のルール】
・初コメントの方もご応募については大歓迎です
・いつものように、完全ランダムで抽選を行います
 抽選時においては、普段のお付き合い等は加味致しません
・ご応募については、コメント欄よりお願い致します。
 メールアドレスを添付し、コメントください。


【今回の抽選方法に付いて】
ランダム関数を組み、F9を応募数の回数押し、
最高数値であった方を当選としたいと思います。




【生体譲渡にあたりご了承頂きたいこと】
※必ず確認してください
《発送について》
・お受け取りのご希望日程につきましてはゆとりもって頂きたく存じます
・輸送に2日以上かかる地域につきましては、その輸送リスクをご理解ください

《生体について》
・生体の数値については、誤差があり得る為、“参考程度”としてください
※特に今年は羽化が遅く、ガッチリ計測することがまだできませんので。
・発送に不安が予見される生体は発送せず、中止することが有りますが、代品はありません
・生体のランクを落とす点については言及しますが、完璧には期待をしないでください
・生体については、ノークレーム・ノーリターン・ノーリクエストでお願い致します
・『プレ企画内容』のみのプレゼントとしていただき、生体の追加交渉については原則御遠慮ください

《包装について》
・生体に最もダメージを与えにくいと考えられる包装を行います、その結果サイズが大きめになります
・猛暑時は凍らせたペットボトルを新聞紙でくるんだものを保冷剤とし発送致します
・梱包は再利用段ボールを使用します
・梱包は生体にダメージを与えないようゆとりを持って行います。
・送料は頂きません。

【その他】
・当選しなくてもキレないでください(笑)
・1人2役で応募するのは禁止です(爆)



以上ご理解の上、ご参加ください。



□■□今回のプレ企画の締切□■□
7/19(木)夜23:59

※金曜日と土曜日の日付変更ライン。
※1秒でも過ぎたらダメです><;

★プレの発送は、日~月にして頂けるとありがたいです。。

☆★☆プレ企画③ 当選者発表!!☆★☆

2019.07.19 (Fri)
2019年度プレ企画第三弾!

優秀な系統かそうでないかを判別するためには、
連続性があるかどうかを見定めることが大切ですね。
分かった上で、変則的なものに手を出す分には結果が伴うことがありますが。

その個体は偶発的なものなのか、それとも他にも同様の個性を有した個体群がいるのか。新しい血を導入することが有りますが・・・・そういう時は、必ずトップクラス以外の個体のそういう部分を見るようにしています。そもそもトップクラス個体って譲渡してもらえないことが多いですから、それ未満の個体から選ぶことになる訳なんですが・・・その時に大切にしているのが、その個体が上位個体の持っている個性と同じ個性を発現させているか否かです。トップクラスではない個体が、同じような形状方向性であり、同じような個性を持っていた場合は導入に踏み切り、突出した個体と他の個体の形状方向性が異なり過ぎる場合は、導入に踏み込まないことが多いです。

で、そういう個体って結構期待に添った結果を出します。顎幅とかって、成虫のごくごく一部の幅のことなので、顎幅数値って、多分この10年、虫を導入する時に気にしていません。・・・・・・・・・・・いや、むしろ、ホペイをやっている人生の中で、顎幅を見て虫を購入したことがないのかもしれない!?購入した後に、楽しいから測りますけどね。

2015年、GXやK+誕生の年には虫を購入していないと思う。その時に譲ってもらったものの顎幅最高個体は、6.7mmだったかな。思い返してもやばいカッコ良さだった。譲ってもらってから、「顎幅どのくらいでしたか?」と聞かれて測ったんだった。ということは、そのブリーダー様も譲渡するまで測っていなかったということか。そういうことか。

その次は、2016年、ここでは、福江島遠征に行ったものだから、成虫は導入していません。多分。2017年は、顎幅7mmを導入しましたが、購入して測ったら7mmあったということでした(爆)それから、超面白い虫を導入してS70というドアタリ系統を3本も作りましたが・・・あれは、購入した後も顎幅、測らなかった気がする。6.2mm位はあったんじゃないかと推測。2018年は、5.8mmのものと、6.2mmものくらいを導入したのかな。

今年は、5.8mmと6.0mmを導入しています。来年はそれら5.8mmや6.0mmが親になるものだから楽しくて仕方ないです。自分のところで生まれる個体の数値は気にしますが、新しい血の導入の時には全く気にしていない、と、ここまで書いていて気づきました。兎に角気にするのは、伸びしろが感じられるかどうかと、面白いかどうか。

特に面白いかどうかには滅茶苦茶拘ってしまいます。今年は、2頭面白い虫を手に入れたのでワクワクしています。2頭ともスーパー美肌なんですよね。GXは極太ものに掛けると、スペックの爆発をしやすいのでよく知っていただくようになりましたが・・・・・細い血にかけても太くなると言えるわけではないんですよ。その系統の個性を増長する効果があるというのが今の感覚です。ですから・・・・・すっげーーーーー美形の虫にかけたら、ものすごーーーーーーーく美形の虫がでてくるんじゃないか?

ということで、来年は化け物も引き続き狙うんですが・・・・・・で、巨頭フリークとしてスーパー縦横比率個体はメインラインで立てていくんですけれど、それとは別にやる遊びは・・・・・ホペイ史上稀なくらいの美形を狙いたいという1つの新しい目標を立てていたりします。メインラインではこう、という軸はあまりブレていません。で、遊びラインをどうするかなんですが、来年は激美形個体・・・・美形という形容詞が、細い個体を弁護するための形容詞ではなく、生粋の褒め言葉になるような個体を作ってみたい・・・・・。

ちなみに、美形=華奢・・・ではないですからね。
ちゃんと手に取った時の重量感や、迫力・存在感がありつつも、
尖るところが尖って削ぎ落されるべきところがそぎ落とされた個体・・・
狙って出るものではないから、顎幅7mmや頭幅29mmよりも難しそう。
もはやまぐれでないと出ないんじゃないか?
太いものを狙っていく中で出た、極太では無く華奢でもないものが、
たまたま物凄い仕上がりの良さでたまたま凄いバランスだった、という出方が美形の発現パターンですよね。
これを狙って・・・出してみたい。結構、実行できそうな準備が整ってきたので、
ワクワクしかしない。

さて、話をK2に戻して、
K2のプレ個体は、
上位の極太ものをキレイにしたらこんな感じだろうな、という個体でした。
顎のシルエットや、長めの頭等、K2の多くの個体に共通する個性を持っています。
次世代では、面白いことになりそうです。


さてさて、そのようなどうでもいいウンチクは置いておいて(笑)、
発表といきたいと思います。

こういうのは、
引き続き、完全に運任せの選定とさせていただきました。
今年は、
日ごろ全然お付き合いの無い方の当選が多いですね。
嬉しいやら、複雑やら。



!!さて!!
☆★☆当選者発表☆★☆です!!


今回ご当選されたのは・・・・・・・・・










































.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚TAAさん!!.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚








.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚

おめでとうございます!
                 .☆.。.:*・゜. ゚+。:.



こちらの記事のコメント欄に、
非公開コメントで、個人情報等をご記入ください。
宜しくお願い致します。




当選されなかった方、
申し訳ありません。
















そろそろパンチのあるプレ企画をやるので、
勘弁してください(え?)

゚+.゚。 *。:ゲリラプレゼント企画第三弾゚+.゚。 *。:

2019.07.18 (Thu)
今年は、梅雨が長いです。
いつまでも曇天で、サラサラと雨が降り、
物憂げな7月は半分が過ぎ去りました。

セミの声も聞こえませんし、今年初のクワガタにも出会っていません。
ちょっと時間がある朝なんかにも、
しとしとと雨が降るものだからクワガタの撮影が出来ません。
当方は未だに化石のように古いi-phone-5Cを使っていますから、
自然光の下でないと正直な画像が撮れません。

撮影の楽しさもあまり満喫できていないので・・・・
プレ企画を乱射することにするぜ!!


さて、プレ企画第三弾です。
そろそろ聞こえてきそうな・・・・K2を出せという声。。
確かに、今期顎においての主役はK2でした。

GX50-K2:ペット個体
1907186.jpg

1907184.jpg

1907182.jpg

1907185.jpg



K2は顎幅数値がいくつとか、そういうことを無視した謎の形状で、
兎に角太く広く顎が見える形をしています。
また、内歯の立ち上がりがすさまじく、極太ものは、
内歯の立ち上がりを重視している我が家においても前例が無い程、
前前方に内歯が立ちあがってくれます。
スーパー・・・・カッコいいです。










◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇2019年度プレ企画◆◇◆◇◆◇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





今回のプレゼント内容は・・・・・・



















GX50-K2 オス単!!
1907181.jpg





この個体をプレ企画個体に選んだ理由は・・・
まず仕上がりが抜群にいいということと、
こういうカタチ、好きな方多いんじゃないかなぁ・・・
と思ったからです。

また、
頭長があるのが個性的で、
頭長があっても割と各部の調和が取れています。

プレ企画ものなので、
度肝を抜く内歯の立ち上がりを有した個体では無いですが、
”1つ、アウトで組んで爆発させてみるかな~”、
という遊びで気軽に使えそうなオスです。

GX50-K2は、
GX50-G×GX50×GX50×GX50なので、GX50の元祖の血が強いです。
GX50-LTDは爆発力はそのままに、安定した爆発性を持つようになったと感じます。
F3が楽しみなのは、そういう背景があります。

しかし、飼育者自身が良く分からない爆発力を持っていたのは、
やはり元祖GX系とK+系です。
これらは、訳が分からない爆発を引き起こしてくれました。
その結果生まれたのがGX50-LTD=GX50-Gですし、
GX50-Xですし、GX50-Vでした。

そういうGX50の中でえげつないもの同士を掛けて、
出てきたK2の中の美形個体です。
美形と言っても、間引く程華奢ではありません。
GXらしく、物理的に重いです。

顎は結構ショートですから、
湾曲系にも似合うでしょうし、
ストレートタイプのものにも合いそうです。


太いものが出る可能性があるブリードをやりたいけれど、
不全のストレスに苛まれるのも嫌だ、
そういう楽しいラインを一つ立てたい、
という、入魂じゃないけど面白い系統作りにちょうど良さそうなオスです。


というか・・・
GX50-K2自体が2018年、私にとってそういう交配だったんですよ。
我が家では昨年の採卵時の期待値は、2群か3群で、
ちょっと太めで、仕上がりが良く顎が角張ったものをやりたいな、
そう思って組んだら、
ゴリッゴリに太くなって、バッキバキに厳つくなっちゃったんですね~(面白)
で、狙い通りのカタチ・欲しかったカタチが出たものの、
予想と異なりトップの極太率となってしまったんです。

確かに、オスには顎幅7mmものを使いましたが、
メスは・・・きれ~いなものを使ったんですけどね。。
やっぱり、GX系の系統分離・アウトは爆発しますね。




【生体情報】
◆種類:ホペイ/ホーペ/ホーペイオオクワガタ
◆学名:Dorcus hopei hopei
◆産地:福建省北峰
◆累代:CB
◆系統名:GX50-K2
◆羽化時期:2019年6月頃
◆後食:未後食


【系統個性:2019年度実績】
◆湾曲率:約70%
◆短歯率:約70%
◆顎幅6mm超率:約77%
◆幼虫時平均体重:約32g
◆羽が閉じない個体の発現率10%
◆内歯が寝る個体の発現率:0%



【プレ企画のルール】
・初コメントの方もご応募については大歓迎です
・いつものように、完全ランダムで抽選を行います
 抽選時においては、普段のお付き合い等は加味致しません
・ご応募については、コメント欄よりお願い致します。
 メールアドレスを添付し、コメントください。


【今回の抽選方法に付いて】
ランダム関数を組み、F9を応募数の回数押し、
最高数値であった方を当選としたいと思います。




【生体譲渡にあたりご了承頂きたいこと】
※必ず確認してください
《発送について》
・お受け取りのご希望日程につきましてはゆとりもって頂きたく存じます
・輸送に2日以上かかる地域につきましては、その輸送リスクをご理解ください

《生体について》
・生体の数値については、誤差があり得る為、“参考程度”としてください
※特に今年は羽化が遅く、ガッチリ計測することがまだできませんので。
・発送に不安が予見される生体は発送せず、中止することが有りますが、代品はありません
・生体のランクを落とす点については言及しますが、完璧には期待をしないでください
・生体については、ノークレーム・ノーリターン・ノーリクエストでお願い致します
・『プレ企画内容』のみのプレゼントとしていただき、生体の追加交渉については原則御遠慮ください

《包装について》
・生体に最もダメージを与えにくいと考えられる包装を行います、その結果サイズが大きめになります
・猛暑時は凍らせたペットボトルを新聞紙でくるんだものを保冷剤とし発送致します
・梱包は再利用段ボールを使用します
・梱包は生体にダメージを与えないようゆとりを持って行います。
・送料は頂きません。

【その他】
・当選しなくてもキレないでください(笑)
・1人2役で応募するのは禁止です(爆)



以上ご理解の上、ご参加ください。



□■□今回のプレ企画の締切□■□
7/18(木)夜23:59

※木曜日と金曜日の日付変更ライン。
※1秒でも過ぎたらダメです><;

★プレの発送は、日~月にして頂けるとありがたいです。。

☆★☆プレ企画② 当選者発表!!☆★☆

2019.07.18 (Thu)
2019年度プレ企画第二弾!

F2は数値が落ちます。
驚愕のスペック爆発をしているGX50-Gの初代から、2代目となったGX50-LTDですが、親越えなんてとんでもない数値です。2ライン立ててそうなのだし、これまでもそうだったから、そういうことなのでしょう。とはいえ、血統の中身は濃くなっているのと、アウト爆発の能力は高まっているはずだし、次世代で初代を超えるものが多発するF3になるはずなので、そういう血統を見抜いて応募してくださった方も多かったのではないかと思います。GX50-LTDが次に出てくるのは2021年ですが、この年のGX50-LTDはマジでヤバいと思います。というか、今年はF2では歴代最高の結果が出ていると思います。F2で、次世代が楽しみっていうのは、10年くらいなかったんじゃないかなぁ。当選された方は、是非GX50の血を、自分好みに染め上げて頂ければ嬉しいです。GXは、HO8とTP:Eという今は手に入らない?ような正統派ホペイの血が核になっていますから、アウトで爆発するのはそういうことなのかもしれませんね。現在のメジャーなホペイ個体の中に含まれない血が投入されることにより、本当にAとBという本質的なアウト交配となり、健全化+スペック強化が行われるのかもしれません。

そういう血統については思いきりどこかで語らせて頂くとして・・・・
引き続き、ご応募いただいた方々のハンドルネームをエクセルに並べ、
F9キーを今回ご応募の人数回数連打し、
ランダム関数の示す少数の一番大きな方を当選と致しました。

こういうのは、
裏があると楽しくないですからね。
完全に運任せの選定とさせていただきました。



!!さて!!
☆★☆当選者発表☆★☆です!!


今回ご当選されたのは・・・・・・・・・










































.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚かおりン♡さん!!.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚








.☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚

おめでとうございます!
                 .☆.。.:*・゜. ゚+。:.゚


こちらの記事のコメント欄に、
非公開コメントで、個人情報等をご記入ください。
宜しくお願い致します。




当選されなかった方、
申し訳ありません。
















もう1発プレ企画をやるので、
勘弁してください(え?)
back-to-top