九州遠征-マイマイカブリを追う旅

2017.08.12 (Sat)
2017年度も豊作の年となりました。
菌糸瓶の種類、温度管理、様々な要素を乗り越え、
素敵な個体を誕生させる事が出来ました。

2017年度の目玉はGX50-Gとなりました。
IMG_6202.jpg
圧倒的な安定感、縦横比r津、ボリューム、美しさを有する個体群です。

数値も一線を超えたものをたたき出してきます。
ですが、その中で影を潜めているGX50インラインこそがこのラインの核となっています。
アウトを行った際の爆発力、限界数値を引き延ばす性質として、
血そのものに価値がある大切にしていきたいラインです。
IMG_6181.jpg

IMG_6224.jpg
50Gの腹が収まらないことが有る副作用も軽減されてきて、
かつアウトラインを行うことでこのような副作用がゼロになることが確認できています。

来年度もGX50、GX48Aとのアウトラインが多数生まれます。
色々な要素がありますが、結局良い個体を出す最強の添加物は、
◯と◯◯と◯◯だと強く感じています。
今期もプレ企画等を通じて多くの方と接点を持たせて頂きましたが、
◯と◯◯と◯◯を添加されている方はもれなく凄い個体を出されていました。

さて、九州遠征です。
美麗マイマイも素敵ですが、やはり私はまっ黒で、
エリトラの両脇に強くブルーのラインが出る九州のマイマイカブリが大好きです。
毎年これに焦がれ、そして旅に出ます。
昨年の夏は、旅に出そびれてしまいました。
GWの福江遠征で消耗しきったというのもありました。
今年はばっちり遠征ができます。

昆虫採集・釣り・酒と、
現実から隔絶された少年の夏休みを満喫します。
もちろん、この遠征の中で、ホペイ談義も行います。
ああだこうだといいながら沢山のホペイを見たい、
2015年度の目標でした。
今年は、良個体だけでなく、多様な形質の個体を産出することができました。
他の方の視点も交え、どのような血統造りが面白そうか、
これまた勉強になりそうです。

割り出しも終わり、250頭のノルマ+50頭の確保にも成功。
7月後半より殺人的な忙しさで、なんとか個体の発送も終わり・・・
GX50もあっという間に予約済となりました。
もう飛ばせる個体は残っていません。
来年度の予約も頂きましたが、正直そういうやりとりはしんどかったので、
とりあえず来年度の予約はここまでの5件まででストップしたいと思います。

順風満帆なホペイのスタートも切れています。
暫くホペイの記事はストップ、更新したとしても、
数字のみが面白い程度の幼虫写真や、
合同な瓶の写真ばかりになります。
その合間で、採集記や釣行記を更新しようと思います。



スポンサーサイト

当選発表!

2017.07.23 (Sun)
2017年の傑作選の特別編のラストは、
こいつで締めくくりたいなぁ・・・・と。
GX50-Gです。

GX50-G
74.5mm、頭部29mm超え、顎7mm超え
IMG_6798あ
凄まじい頭部と顎で仕上がった個体です。

IMG_6786あ
左右だけでなく上下にも分厚い個体です。

IMG_6787あ
顎厚も楽に5mmを超えてきます。
サイズに対して重たいため、この個体を持ってから他の個体を持つと不安になります。

IMG_6804あ
上品な肌質に禍々しい隆起が乗ったギャップが素敵です。

IMG_6813あ
腹部がとても小さく、圧倒的な縦横比率をたたき出してくれています。
顎や頭に焦点が行きやすいですが、素晴らしい形状のボディーで、
頭を取って胸部・腹部だけにしても、「いい個体」と思われるであろう形状です。
これは奇跡だと思います。ここまで揃えてくれたのは。

IMG_6832あ
すっごい体積の顎に、薄く締まった腹部が付いている。
顎は先まで太く、美しい形状です。

IMG_6833あ
所有感が果てしなく、誰にも触らせたくない位のお気に入りです(笑)

IMG_6785あ


GX50は素晴らしいラインとなりました。
GX50が存在していなければ、一線を超えることは無かったと感じます。
GX系、K+系はある一線を超えさせてくれる傾向があるなぁ・・・
と今年度より強く認識しています。

今年度は、本当は頭幅30mm超えを狙った年でした。
全て頭幅30mmになるように考えてきており、
GX50の♂親には、TRS、HD等複数の系統を掛けました。
結果、残念ながら頭幅は29mm台までとなりましたが、
顎幅が7mmを超えてくるという予想外現象が起きました。

今回は顎幅に出ていますが、頭幅をパンプアップさせる場合もあると思います。
しかも、もう1回のアウトでより健全性が増しました。
こういう血の作り方を今後も行っていこうと思います。

さて、プレ企画の発表です!

先日ハネ個体のオスを19頭送りましたが、
どれも大きいと喜びの声を頂きました。
どれも、大切に育てています。
結果的なあたり外れはありますが、毎年どのラインも入魂です。

この個体を成虫まで育てた者としては、
この個体をどのように使って頂けるのかどうかについては考えてしまいます。
今回は特に、GX50をどのようにブリードに組み込んで頂けるのかな、
という観点でプレ企画の当選を選出させて頂きました。
コメントへのお返事は簡素でしたが、コメントは何度も読み、
うんうん唸っていました(笑)


では当選発表、
今回のご当選は・・・
管理者のみ閲覧可能コメントでご応募くださったSさん!!

本系統をラインに組み込み、
様々な形質を出してくださるかもしれない!
ととてもコメントからワクワクしたので、当選とさせていただきます。
こちらからご連絡致します。

プレ企画はまだやるかもしれません。
落選された方も凝りずに是非どうぞ。
多数のご応募ありがとうございました!

臨時案内-譲渡可能個体について

2017.07.22 (Sat)
臨時案内を行わせて頂きます。
お問い合わせが多すぎて、メール返信にあっぷあっぷしてしまっていますので、
こちらでまずはご案内を致します。

【ご案内1-現在の譲渡可能♂リストについて】
①TRS50
IMG_6590a.jpg
特上♀とのペアでご用意可能、メスの追加は不可能

②GX50-Cライン、77mm、頭28.1mm、顎6.1mm
GX5077.jpg
※左舌にやや動きの難あり、内ばね片方一部切除有り(水泡が出来たため)
  ごくわずかな顎ずれアリ

③GX50-Cライン 74.5mm、頭27.4mm、顎6.2mm
50742.jpg

④GX50-Cライン、77mm、頭27.8mm、顎6.0mm
GX50772.jpg

プレ企画を多く行わせていただいた背景がありますが、
当方の虫はオークション感覚では無いところがありますのでご了承ください。

毎年12月頃からお問い合わせを頂き、
あんな個体は出ないものか、こんな個体が出たら、というやり取りを2月頃まで続け、
5月の羽化直後より予約を頂き、6月の下旬には上質な個体は全て予約済みとなります。

現在放出可能なものは、我が家のストックとして確保しているもので、
譲渡は完品から優先しますので、現在残っているものにはB品が多く含まれます。

また、メスについては更に早く、
良い♂に複数♀を当てる・・・・は定石ですので自分のストック用以外のGX50系は残っていません。
もちろん、良い個体を出していただきたいので、系統を導入される場合に、メスについての相談は承ります。

今年度も、上位ランクの♂に複数♀複数系統を付け、
フルブリードセットとして譲渡を行わせていただくことが多かったです。
もちろん、このような譲渡法を行うとオスが余りますが、
ハネ品も含め、数日前に19♂を飛ばし無くなりました。

メスについての相談はきちんとお受けしますが、
ブリーダーとしての常識範囲内でご容赦いただければと存じます。

例えば、GX50はおよそ20頭程得ています。
このうち、我が家は♂:♀が毎年ほぼ1:1ですから、
オス10頭、♀10頭程度となります。
アタリ血統、もしくは入魂血統の場合、メスを5頭はストックします。
自分用のオスをストックし、
上レベルの♂3頭に2♀ずつ付けたとするともうメスはほとんど無くなります。
♀3頭は相当に苦しく、♀5頭は不可能というのが我が家のブリード状況です。

K+、TTについてはまだ個体が残っていますが、
まずはお問い合わせの殺到するGX50系についてご案内を致します。
日曜日以降、このご案内は消去する予定です。
お問い合わせの際はメールアドレスを添付していただければ幸いです。

入魂プレ企画!

2017.07.20 (Thu)
前回の2017年度プレ企画は、試行的なところがありましたが、
多数のご応募を頂き、やっぱりプレ企画は盛況だなぁ、と感じました。

今期は多めにストックをしています。
2015年度にプレ企画で飛ばしすぎたからです。
そろそろ個体達も落ち着いてきて、形状の変化も無くなってきました。
親の選別も行い、特に看板のGX50は、
種トップクラスと、サブストックまで確保できました。
そこで浮いた種用ストックを放出します。

GX50は2015年に誕生した血統ですが、
偶発的な誕生というより、5年間の計画の集大成という感じです。
2015年度はそういうGX系、K+系という我が家の3本柱のうちの2本が誕生しています。
GX50は、誕生1代目においては頭28mm超えが当たり前、
29mm超え、30mm超えも70mm台で輩出しました。
これを入魂ブリードする予定でしたが、気前よくメスを放出しまくったため、
我が家で使えたメスは2頭しかおりませんでした。
メスたちはしっかりと子どもを残してくれましたが、2代目は数値が落ち着いてきています。
その分、カッコよくもなりました。1代の荒削りさが影を潜め、やや洗練されてきています。

2016年度はGX50の親としてのデビューの年となりました。
そして羽化を迎えた2017年、2017年羽化には、頭のデカさを狙っていました。
しかし、予想に反して頭は29mm超えをわずかにしか得られず、
その代わり顎7mm超えを複数得る事が出来ました。
GX50の交配上の性質を見ることが出来ました。
アウトで、相手方の形質をスペックアップする起爆力と、
羽パカや尻出しを抑える謎の健全化を図ることが今年度の結果においては見られてます。

今期はGX50-Gや、K+350、TRS50、TRS48AがGX50をスペック的には平均的に超えていますが、
GX50は間違いなくブースト血統として大切にインラインを確保したいものです。
そのGX50の良個体をプレ企画として放出します。



【GX50-A】
・福建省北峰
・HO8、TP:E、オリジナル極太のミックス
・CB2
・76mm、頭27.8mm、顎6.4mm、顎厚4.7mm
・メスはつきません、♀の相談には応じます
★B品、ハネ割れ有り、羽化補助無し、切除等無し、羽化時の体液流出無し、健全

※メスの相場・・・特上20000円、上8000円、中5000円、標準3000円です
IMG_6689.jpg

IMG_6690.jpg
一線を超えた個体はこの厚みが違いますね。

IMG_6680.jpg
非常に親に似ています。

IMG_6668.jpg
丸太状の厚みも健在、内歯付近で体積が増える個性を踏襲してくれています。

IMG_6664.jpg
水かきも鋭い個体です。

IMG_6665.jpg
それでも羽パカなので、観賞用というレベルではありません。
また、プレとしては上級個体ですが、最上級個体ではないので、
それほどの期待はしないでください。

IMG_6686.jpg
大変にバランスに優れた個体です。


【確認】
・締切は日曜日
・発送は申し訳ありませんがお任せでお願いします
・死着保証・他の生体での補い等は一切ございません
・虫の体調が悪くなった場合は発送を取り消します
・ノークレーム・ノーリターン・ノーリクエストでお願いします
※メスの相談には応じます



2017年度のプレ企画はたぶん最後です。
お気軽にどうぞ。

当選発表!!

2017.07.20 (Thu)
お待たせいたしました、ご応募も落ち着いたので、
ここで締め切ります。

今回の当選は・・・・
Odontolabisさんでした、おめでとうございます!!

大抵私は、プレ企画は自作のあみだくじか、
くじ引きで決めますが・・・・
K+350は非常に癖が強い系統なので、
それを承知の上で導入を検討頂いた、
と考えられる方への当選を決めました。

IMG_6342.jpg
安定している個体なので、こういうのが出ると思います。

マシンカットのような個性を、
是非いいように使って頂きたいと思います。
メールアドレスを含めて、非公開コメントでご連絡いただければと存じます。

さて、すぐに2発目のプレ企画を行います。
こちらも是非ご検討下さい。
back-to-top